愛猫の最後!病気の場合は医療費はどのくらいかかるのか?

ペットの場合、

人間のように健康保険制度がありません。

 

全て自由診療で、

治療費は病院ごとに設定されます。

 

ペット保険に入っても

病気の種類によっては

適用除外になることも多く、

保険ごとに使える範囲が異なります。

 

スポンサーリンク

 

猫の医療費

 

ペット保険を使えると、

窓口で精算される形式か否かは

別として多少とも医療費を

抑えることができますが、

それでも高齢の猫にかかる医療費は

しばしば飼い主の生活を圧迫します。

 

 

Veterinarian doing injection at a cat

 

最近は、

ペット用に工夫された

ペットフードがいろいろと売り出され、

ペットの食生活も向上しました。

 

動物医療も

めざましく進歩して

ペットの高齢化も進んでいます。

 

それだけに

加齢による病気も増えています。

 

餌代と医療費で

月に約4万円はかかるのが相場のようです。

 

比較的健康な猫でも

食費と健診代だけで

月に65,400円かかるとの試算もあります。

 

病気や怪我で

2~3日入院すると

10万円以上かかることもあります。

 

スポンサーリンク

 

猫がかかりやすい病気肝不全

 

高齢の猫に多い腎不全に罹ると、

1週間で軽く

10万円はかかるとも言われています。

 

腎臓病の場合、

治療の目的は症状の進行を

如何に遅くするかということになりますし、

治療が効果をあげると

治療費がかかる年月も長くなります。

 

自分にとって大切な存在と思っていても、

猫の医療費が生活を

圧迫してくることに悩む飼い主は

少なくありません。

 

猫の一生にかかる医療費

試算によると、

60万円とも

98万円とも言われています。

 

飼うことを決める時点、

介護生活に入る段階で、

猫の医療費が決して安くはないことを

肝に銘じておく必要があるでしょう。

 

自分のペットとなる猫、

ペットとなった猫と

どのような関係を築きたいのか?

 

介護生活を終えた時、

悔恨が猫にかけた

高額の医療費にあるという事態だけは

避けたいものです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ