猫がヨダレを垂らすのは病気?元気がない理由について

スポンサーリンク

大人になった猫は、めったにヨダレを垂らしません。

大人の猫がよだれを垂らすようなら、注意して様子を見守りましょう。

最初に疑われるのは、口の中に異物が入っていないかという事です。

口の中に異物が入っていると、異物を出そうとして、ヨダレを垂らす事があります。

口の中を見て、異物が無く、元気の無い様子なら、病気の可能性があります。

neko

異物は入っていないものの口の中に異常が生じている

大人の猫がヨダレを垂らす時、ヨダレによって、食べる事が出来なかったり、食べようとして食べ物を口に入れても、飲み込む事が出来ない場合、病気の可能性があります。

最初に疑われる病気は、口の中の病気です。

口内炎、舌炎、扁桃炎、歯周病などが考えられます。

また、食道炎になっている場合も、食べたい気持ちはあり、食べ物を口に入れますが、食べ物を飲み込む事は出来ません。

飲み込む時に、痛みを感じてしまうからです。

そうした場合、ヨダレを垂らすようになります。

スポンサーリンク

→マンチカンはヘルニアの症状が出やすい?病気にならない対策とは?

中毒を起こしている場合は嘔吐やけいれんを伴う

猫の身の回りには、中毒を起こす危険性のある物が、沢山あります。

人間にとっては、何の害ももたらさないネギ類やチョコレートも、猫が食べてしまうと、中毒を起こします。

朝顔やアジサイのような観賞用の植物の中には、毒のある物が、少なくありません。

また、猫の寄生虫を駆除する目的で、薬を使用した場合も、薬の効果が過剰だったり、長期間使用していると、猫が中毒を起こす可能性があります。

中毒を起こした時、猫はヨダレを垂らします。

ヨダレを垂らすとともに、嘔吐やけいれんを起こします。

→メス猫の膀胱炎の原因と症状!見た目でわかるものなのか?

ヨダレが臭かったり表情や呼吸がいつもと違っていたら要注意

ヨダレの量だけでなく、ニオイにも注意しましょう。

ヨダレが臭かったら、猫風邪の可能性があります。

鼻水を垂らしていないか、注意して見守りましょう。

ヨダレの量は正常であっても、口からヨダレが垂れる事もあります。

表情がいつもと違っている時に、ヨダレを垂らしていたら、何かの障害を脳に受けた可能性があります。

脳に障害が起こると、自分の意思で行動をコントロールできなくなり、ヨダレを垂らします。

フラフラ歩くようなら、心配な状態です。動物病院に連れて行きましょう。

夏場は、暑い場所にいると、熱中症にかかります。熱中症にかかると、呼吸が荒くなりますが、それだけでなく、ヨダレを垂らす事もあります。

猫を直射日光に当てないようにしましょう。

→猫風邪の治し方!くしゃみや鼻水が治らない時のとっておきの対処法


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ