猫がいびきをかく原因は病気だった!?どんな症状が考えらえる?

cat

 

猫もいびきをかく? 病気との関係

 

スポンサーリンク

 

「ねこ」という名前は「寝子」から来ているといわれるように、猫は1日の大半を寝て過ごします。

その間に、いびきをかくことがあります。

普段はおとなしく寝ている愛猫が、いびきをかいていると「病気かもしれない」とちょっと不安になるかもしれません。

しかし、猫も生理現象としていびきをかくことがあります。

といっても、人間のいびきのように、「ガー」とか「ゴー」とかそんな音を立てるのではありません。

どちらかといえば、ちょっと大きめの寝息のような音がします。

また、ペルシャなどの鼻がつぶれている品種は、鼻から喉の構造上、いびきをかきやすい傾向にあります。

このように、ほとんどの場合は生理的な現象なので、いびきをかいていても問題はありません。

しかし、時として「ピーピー」という高い音が聞こえることがあります。

そのときは、鼻腔内に異常があるかもしれません。

 

スポンサーリンク

▶︎猫の鼻水・くしゃみ・涙は病気の兆候なのか?

 

いびきから考えられる猫の病気

まずは感染症があります。

「猫風邪」とも呼ばれますが、ウイルスに感染し鼻水が出るようになって鼻腔内が狭くなり、空気が通るたびに音がしている可能性があります。

くしゃみや鼻水が目立つときには、病院で見てもらいましょう。

鼻腔内に腫瘍ができたときも、空気の通り道が狭まっているため、「ピーピー」という甲高い音がすることがあります。

これも鼻水やくしゃみといった症状が出ます。

悪化すると顔が変形し、悪性腫瘍の場合は命にかかわります。

気管や気管支に異常がある場合、呼吸がつらそうないびきをかくことがあります。

気管支系に異常がある場合と、心筋症などで気管支などが圧迫されている場合が考えられます。

とはいえ、単純に鼻くそがつまっていたときも「ピーピー」という目立ついびきをかくことがありますから、まずは綿棒等で鼻の周りを綺麗にし、普段の様子を観察してください。

鼻水が出ている、くしゃみをよくしている、呼吸がつらそうなどの様子がある場合は、病院に連れていってあげましょう。

 

▶︎猫のてんかんの症状と原因は?発作が起きた時の対処法は?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ