寒い冬に猫に留守番をさせる時に気をつけたい3つのポイント!

そろそろ朝晩は冷え込むようになってきました。

ひなたぼっこできる場所を求め、猫があちこちに移動するようになりました。

これから冬。

猫に留守番をさせる時、「暖房を入れておいてやろうかな?」と、迷う人も少なくないのではないでしょうか?

冬に猫が快適に留守番できる環境を作るには、どのようなことに注意したら良いでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

その1.火を使う暖房はつけない

cat

暖房を入れておいてやるかどうかで悩む人は、多いようです。

当然のことですが、万一のことがあった時、猫には初期対応ができません。

火を使う暖房は、けっしてつけておかないようにしましょう。

「猫はコタツで丸くなる」。

童謡「雪」でお馴染みのフレーズで、猫は寒がりとの印象を持つ人も多いようですが、猫は、基本的には比較的寒さに強い動物です。

雪国の猫は、雪の中でも平気で遊びに行きます。

氷点下5度くらいでも、猫は平気で出かけられるのです。

猫は居心地の良い場所を見つける名人です。

猫が暖まることができる狭い場所を家の中に用意してやることで、対応しましょう。

 

▶︎猫がいびきをかく原因は病気だった!?どんな症状が考えらえる?

 

その2.窓に隙間テープや防寒シートを貼る

暖房をつけない代わりに防寒しましょう。

それだけでも、寒さは違います。留守番を猫にさせて外出する時、カーテンを引くのが普通でしょう。

外を眺めるのが好きな猫は、カーテンと窓の間に入ってしまいます。

外気で冷えた窓とカーテンの間には、冷たい空気がこもっています。

冷たい空気が少なくなるように工夫しましょう。

防寒対策をするのは、窓。

窓に防寒シートを貼ったり、隙間テープで保護すると、窓からの冷えを和らげることができます。

 

スポンサーリンク

▶︎猫のてんかんの症状と原因は?発作が起きた時の対処法は?

 

その3.狭い場所を好む猫に合った暖か空間を作ってやる

猫は狭い場所を好みます。

その習性を利用して、猫が暖まることができる空間を用意してやりましょう。

いずれも手作りできるものです。

1.ダンボール箱を利用。

段ボール箱を用意します。

段ボール箱に猫の頭が通るだけの穴を開けます。

その中にフリースや毛布を入れてやります。

間に潜り込めるように、袋状に縫ったり、2枚入れてやるのがオススメです。

2.着なくなったダウンジャケットを利用。

チャックやボタンのついた側が当たらないように背中を上にします。

袖に綿を詰めて軽く縫います。中央を凹ませて出来上がり。

肌触りが良く、猫の毛がつきにくい猫ベッドの完成です。

高齢猫なら、そこに湯たんぽを入れてやると良いでしょう。

湯たんぽは、タオルで巻いて温度の調節をします。

 

▶︎猫の鼻水・くしゃみ・涙は病気の兆候なのか?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ