マンチカンはヘルニアの症状が出やすい?病気にならない対策とは?

スポンサーリンク

短い足でちょこちょこ歩く姿が愛らしい、マンチカン。

最近、もてはやされている猫種です。

マンチカンは、ヘルニアの症状が出やすいとされています。

どうしてでしょうか?病気にならない対策として、どんな事に注意すると、良いでしょうか?

manchikan

猫ってヘルニアになりにくいのでは?猫のダックスフントと言われるマンチカンは別⁉︎

猫は、犬に比べると、ヘルニアの発症頻度は低いと言われています。体がしなやかだからです。

しかし、短足になるよう、選択繁殖されてきた猫種は、ヘルニアのリスクが高いとされています。

短足になるよう、選択繁殖されると、軟骨の形成に異常を抱えている事があるためです。

マンチカンは、「猫のダックスフント」と言われる事があります。短足です。

胴は、ダックスフントほど極端に長くはないものの、長めです。

四肢に体重が重くかかり、支えきれなくなると、椎間板ヘルニアを発症します。

→メス猫の膀胱炎の原因と症状!見た目でわかるものなのか?

ヘルニアの症状は?急な失禁も症状の1つ

椎間板ヘルニアは、椎間板がつぶれ、変形してしまった状態です。

椎間板は、首から腰に至る、全ての背骨に挟まっていて、クッションの役割を果たしています。

椎間板ヘルニアが重症になると、歩行困難になります。場合によっては、死に至る事もあります。

腰がふらつく

歩き方がおかしい

いきなり失禁してしまった

こんな症状が見られたら、椎間板ヘルニアの可能性があります。

早めに動物病院に連れて行きましょう。

スポンサーリンク

→猫風邪の治し方!くしゃみや鼻水が治らない時のとっておきの対処法

ヘルニアを引き起こしやすいのはこうした理由!病気にならない対策とは?

椎間板ヘルニアを引き起こしやすい原因は、老化と肥満です。

老化によって、コラーゲン繊維が弱化すると、それまでは大丈夫だった圧力を支えきれなくなり、繊維輪が破れてしまう事があります。

体重の有無に関わらず、ヘルニアの症状が出ます。

椎間板ヘルニアの症状が軽度の場合は、まずは、症状を和らげます。非ステロイド系の薬や抗炎症薬が、投与されます。

症状が和らいだら、肥満を改善する対症療法を行います。

マンチカンをヘルニアにさせないためにも、ヘルニアの症状を悪化させないためにも、大切なのが、運動制限です。

高い所からの飛び降り

急激なダッシュ

ターン

などは、ヘルニアを誘発し、症状を悪化させます。

こうした運動をさせないようにしましょう。

重度のヘルニアでは、手術をする事になります。

治療にかかる費用は、動物病院によって異なりますが、目安は20~26万円とされます。

足腰に負担がかかる運動を控えさせ、肥満を予防する事が、大切です。

→猫の鳴き声が変!ガラガラと鳴く理由は?病気の可能性は?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ