犬猫の平均寿命について!

人気のあるペットとして
犬と猫の二種類がありますが、
どちらの方が長生きするのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

犬と猫の寿命について

基本的には
犬よりも猫の方が長生きする傾向にあり、
平均寿命は犬が15歳程度であり、
猫は17歳程度となっています。

 

golden retriever puppy dog and british cat together. isolated on

ただし、
これは犬や猫の
すべての種類の平均であるため、
それぞれの種類によってもちろん違いは生じます。

たとえば、
体の小さな犬猫の方が長生きしやすく、
純血種よりも
雑種の方が長生きしやすい傾向にあります。

また、
それぞれの犬猫が育っている環境にも
大きく影響されるため、
育て方はとても大切なのです。

長生きをさせたいのであれば、
きちんと病気の予防を
しておくことが必要となります。

寄生虫対策をきちんとしておいて、
ワクチン接種をさせることにより、
病気を未然に防ぐことができます。

また、
避妊や去勢をさせることでも
寿命を伸ばすことができます。

これらは前立腺や睾丸、
子宮、
卵巣などの病気になるのを
防ぐ効果があります。

食事に関しては腹八分目にしておいて、
暴飲暴食をさせるのを防ぎましょう。

また、
歯はとても重要であり、
歯石や歯周病にかからないようにさせましょう。

 

▶︎犬の認知症の症状は?予防や治療法について!寿命や余命はどれくらい?

 

スポンサーリンク

 

長生きのポイントは人間と同じ

 

このように基本的に
長生きさせるためには
人間の場合と同じような点を
意識していれば大丈夫です。

人間も犬猫も同じ哺乳類であり、
基本的な部分では共通していることが多いのです。

犬猫を飼う時にできるだけ
長生きするものを飼いたいと
考える方がいます。

しかし、
それぞれの平均寿命は
基本的に数年程度の違いしかありません。

それよりもそれぞれの個体を
愛情を持って育ててあげることの方が重要でしょう。

そうすることによって、
犬猫はストレスを受けずにのびのびと
育ってくれるようになります。

愛情を持つことがペットを長生きさせるのです。

 

1・2・・>>次のページへ

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ