犬や猫の火葬後の骨はどうしているのか?花はどうしているの?

大切に世話してきたペットが永眠し、

火葬を行う際には

仕事硬直が始まる前に

四肢を体に添わせるように

曲げてあげることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

ペットが亡くなった後の対応

 

硬直してしまうと

お棺に収まらなくなってしまうためです。

 

優しく話しかけながら体を清め、

体液が漏れてこないように

鼻に脱脂綿を詰めておくと良いでしょう。

 

火葬できるまでに

時間がかかるようなら、

ドライアイスで

お腹を冷やしてあげましょう。

 

お棺に収めて供花する場合、

茎は切って花の部分だけを

遺体の周りに飾ると良いとされています。

 

大好きだった

食べ物を紙に包んで

口元に置くのも良いでしょう

 

スポンサーリンク

 

ペットの火葬について

 

火葬の際、

合同で行う場合には

遺骨はだいたい合同納骨所に納骨されます。

 

個別一任火葬、

立会火葬の場合、

命日から三回忌まで納骨堂に

安骨管理してもらえるところもあります。

 

三回忌が済んだところで

納骨の継続か持ち帰りかを考えれば良いわけです。

 

ただし、

そうした葬儀場は少なく、

骨あげした後、

そのまま納骨するか、

持ち帰るかを火葬前に

決めるケースが大半です。

 

納骨堂への安置を考えている場合には

慎重に考慮しましょう。

 

納骨堂に安置されたはずの

遺骨が何年かすると

処分されてしまうケースが

少なからずあるためです。

 

 

自宅に庭がある場合には、

遺骨は持ち帰って49日、

3ヶ月、

1年、

3年等の区切りで

埋葬してあげる方がいいかもしれません。

 

ペットも自分が

生活した場所、

愛した飼い主が見られる場所で

眠った方が嬉しいのではないでしょうか。

 

樹が植えらるようなら、

埋葬した上に樹を植えても良いでしょう。

 

既に植わっている樹があったら、

思い出深い樹の根元に

埋葬してあげるのもいいかもしれません。

 

遺骨は2年くらいで土に還ります。

 

土に還って樹の上から飼い主を見守る。

 

そうした弔い方もあるでしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ