犬の最期の様子や症状は吠えるのか?呼吸や痙攣等はおこるのか?

『犬と私の10の約束』

の10番目の約束は

「私が死ぬとき、お願いです。

そばにいてください。

そして、

どうか覚えていてください。

私がずっとあなたを愛していたことを。」。

 

スポンサーリンク

 

最期を迎えた犬は吠える⁈

 

愛犬の最期を看取った人なら、

愛犬が確かに

自分を愛してくれていたと

感じることでしょう。

 

自分が犬に十分なことを

してやれただろうかと思う人はいても、

愛犬が自分に寄せた

愛情を疑う人はいないはずです。

 

青空とレトリバー

 

そうした愛犬との最期で

力を振り絞るような声を

聞いた人もいれば、

眠るように静かに逝った

愛犬の姿だけを

目に焼き付けている人もいます。

 

長い闘病生活で

終わりの頃には

吠える気力の片鱗すら見られなかった愛犬が

最期に甘えるように鳴いて逝ったという

飼い主さんも少なからずいます。

 

その一方で、

何頭かの愛犬の最期に立ち会ったが、

どの仔も静かに逝ったという

飼い主さんもいます。

 

どちらも飼い主さんにとっては

忘れることのできない

最期であることに変わりはありません。

 

▶︎犬が高齢になり震えや痙攣の症状が現れてきた原因について!

 

スポンサーリンク

 

犬の寿命

 

人間の寿命は

80歳くらいまで伸びました。

 

愛犬の寿命は、

長くても人間の4分の1。

 

大型犬ならば8分の1くらいです。

 

長くて短い歳月。

 

飼い主の生活も

大きく変わっていく中で年老いていく愛犬。

 

犬にとっては

飼い主さんが全てです。

 

飼い主の感情の動きに

最期までとても敏感なのが犬です。

 

そうした愛犬の生き様が

強く蘇るのが死期を

間近にした時でしょう。

 

鳴き声を実際に

耳にした飼い主さんはもとより、

静かに愛犬を見送った飼い主さんの耳にも

愛犬の心の声は届いていることでしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ