愛犬の死!虹の橋の詩の広場とは!?

「虹の橋」とは、
原作者は不明とされていますが、
動物が好きな方の中では
広く知られている詩の本です。

スポンサーリンク

 

虹の橋の詩の広場

愛犬の死後、偶然、
または同じ様な境遇の人から勧められて、
この詩を知って少しずつ心が
落ち着いていったという方が
多かったのも事実です。

愛犬の死 虹の橋の広場
wikipediaより引用

この詩には、
癒しの世界観が広まっています。

アメリカから
インターネットサイトを通じて、
今では世界規模に広がっています。

愛犬と死に分かれ、
天国へと旅立つはじめの場所が
「虹の橋」だという内容で、
とても綺麗なイメージが湧いてくると思います。

大切な家族の旅立ちを、
天国で暖かく待っている誰かがいるのでしょう。

虹の橋の口コミは広がり、
広場と言われるサイトもあります。

死を受け入れる事が出来ない状態の人に、
少しでも気持ちが楽になる目的も兼ね備えています。

亡くなった愛犬の事を書きこむ事で、
同じ境遇の人からのメッセージが来る場合もあります。

交流サイト的な存在となってきているようです。

スポンサーリンク

 

虹の橋ののたもと

虹の橋の次には、
「虹の橋のたもと」という言葉が出てきます。

詩の内容としては、
愛されなかった動物が待っている人間に
愛されて虹のたもとから天国へ行く
という状況が書かれています。

愛された事が無い動物は、
人に恐怖心や敵意を剥き出しにします。

そのように生きてきて、
死後の世界ではせめて幸せであってほしいと
願いが込められているのかもしれません。

この詩に共感した
世界中の動物愛好家にとっては、
心のより所という存在にもなっています。

詩の世界は想像力を膨らませてくれます。

そして現実から離れて
妄想する事が出来ますので、
ひと時の楽しい夢の世界が広がります。

愛犬を亡くした人には、
虹の橋が心の栄養剤にもなっている
状態にあると言えます。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ