愛犬の死に後悔!一目会いたい…

家族の一員として
過ごしてきた愛犬が死んでしまった後、
一目会いたいと思う人が多いものです。

しかし、
現実的には死後の
愛犬に会う事など出来ません。

愛犬の死後、
一目会いたいと思った時は、
どのように対処したら良いのでしょうか。

スポンサーリンク

愛犬にもう一度会いたい…

会いたい気持ちを無理に抑え込むのではなく、
生前の動画や写真を見る事で、
心を落ち着かせる事も可能です。

犬を抱く女の子

愛犬の動画や写真は、
一緒に過ごした時間を思い出させてくれます。

初めて家に来た頃から最後の時まで。

そして気持ちの整理がつくまで、
無理に抑えつける事だけはしないでください。

一目会いたい気持ちと後悔の念に
深く包まれてしまう危険に繋がってしまいます。

最近は、
老犬(愛犬)を介護されている
ご家庭も多くなりました。

ペットも医療が発達して
長生きできるようになった状態ですが、
老衰や病気の犬を介護しなくてはならない
状況でもあるようです。

スポンサーリンク

 

愛犬の介護に後悔が残る

老衰によって亡くなってしまった愛犬の介護に、
ああすれば良かった、
こうすれば良かった…というように
後悔の気持ちが出てくる人も多くいます。

その時は精一杯の事をした!
という気持ちになるのも事実ですが、
後悔はやはり後から
出てきてしまうものでもあります。

最後に立ち会えなかった…
というような後悔も多い事が分かります。

ペットの介護に
専念出来る環境であればよいのですが、
人間ですから、
付ききりの介護とはいかないのも事実です。

介護の事で後悔する人は、
もっと色々なお世話が出来たはずだと
考えてしまいます。

しかし、
愛犬にとっては
側に寄り添っていてあげるだけが
幸せだと思います。

あくまでも人間が思う事ですが、
愛犬にとっては十分幸せな時間だと思います。

後悔しない介護は無いと考えますが、
時にはしっかり看てあげたと思う事も
大切ではないでしょうか。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ