愛犬の死で仕事や会社を休む!?

愛犬の死という状況に直面した時、
飼い主としては深い悲しみに包まれます。

その悲しみから中々這いだせない事があります。

長年共に過ごしてきた
家族の一員として、
様々な思い出も蘇ってくることでしょう。

スポンサーリンク

 

ペットロス症候群でうつ病に…

愛犬の死で、
気持ちが塞いでしまって、
仕事も手につかないという人も居ます。

悲しむ男性

特に男性に多い傾向が見られます。

会社に出勤出来ない精神状態に
なってしまうケースがあります。

現在は「ペットロス」という言葉が使われていますが、
鬱の状態に近い症状になってしまうのが特徴です。

男性に多い傾向としてあげられる理由のひとつには、
社会的責任感があります。

全てに対して責任をひとりで背負ってしまう
状況があるからだと考えられています。

その為、
鬱やペットロス等の精神的な
病気を発症してしまう状態です。

13年〜15年程度が
犬の平均寿命だという事ですが、
実際には20歳程まで生きられる犬も多くいます。

スポンサーリンク

 

動物医療と動物介護により延命も可能に!

そして老衰によって
介護が必要になる事も多くなりました。

動物医療も動物介護用品も、
とても充実してきた事が考えられます。

犬が死んだくらいで仕事を休む?
という考え方の人もいらっしゃいます。

周りから見たら何でもない事でも、
本人や家族にとっては非常に悲しく辛い出来事です。

周りが「そんなことくらいで」という言葉に、
とても傷つくのも事実です。

言われた本人は、
更に精神的に追い詰められてしまいます。

立ち直ろうという気持ちが強ければ強いほど、
仕事が出来ない状態になっていきます。

我慢して悲しみを抑えつける事だけが、
早く気持ちを切り替える方法であるというのは、
間違った考え方でもあります。

辛い時は泣くだけ泣いて心の整理をしてみましょう。

周りを気にするのではなく、
愛犬を亡くした今の気持ちに正直になる事が大切です。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ