愛犬の死お悔やみの花とかける言葉

スポンサーリンク

身近で愛犬を亡くされた人への「お悔やみ」の言葉は、とても難しいと感じます。

例えば子供がいないご夫婦が長年我が子として飼っていた犬を亡くした時、「次の犬を飼えばいいじゃない?」というような言葉をかけてしまう人もいます。

次の犬というのは、そのご夫婦にとって考えられない現実だからです。

?????????????

愛犬の旅立ちにそなえて

どれだけ願っても、犬と人間の寿命の差は覆しようがありません。

大抵の場合、ワンちゃんの方が先に旅立つことになります。

せめて、何かしてあげたいものです。

そのときのワンちゃんの状態にもよりますが、なるべく普段と同じように愛情をもって接してあげてください。

たとえば、食欲が落ちているときは食べやすいようにペットフードをふやかしてあげたり、起き上がるのが大変そうなときは口もとにフードを持っていってあげてほしいです。

また、どうしても何も食べようとしないときは、せめて水分を取らせるようにしてください。

最期が近づくと水も飲もうとしてくれない子が多いので、シリンダー(針のない注射器のようなもの)のようなものを口の端から斜めに入れて、少しずつ水分を与えてみてください。

シリンダーが見つからないときは、100円均一などでも売っているプラスティックのソース入れなどでも代用できます。

犬用の栄養剤入りのドリンクなどもあるので、そういったものを使うとよりよいでしょう。

暑さや寒さで消耗しないように、空調に気を付けてあげたり、お風呂が無理でも濡れタオルで体を拭いてあげることは大切です。

▶︎老犬の最後に痙攣がおこるのは苦しむからではない?看取る事について!

可愛い愛犬のためにしてあげられることとは

飼い主が愛犬の最期に最もしてあげられることは、傍にいてあげることです。

どれだけ健康なまま旅立とうとしている子でも、死は初めての経験でとても不安だと思います。

できるだけ傍にいて、体を優しくなでててあげて声をかけてあげてください。

感覚が鈍っていても、きっと愛情は伝わるはずです。

可愛い愛犬が苦しんでいるのを傍で見続けるのはつらいかもしれません。

あるいは、ほかにしてあげられることがあるのではないかと不安になるかもしれません。

けれど、実際には特別にしてあげられることなどほとんどありません。

これまで通り愛情をもって接してあげてください。

スポンサーリンク

▶︎愛犬の最期を看取れなかった…目は開いて舌は出したままなのか?

犬も大切な家族の一員

人間の子供じゃない「犬」だから…という事ですが、不謹慎だと思われるのは当たり前の事なのかもしれません。

長い時間、家族だったのですから。

そこまで思われて亡くなった犬は、とても幸せだったと思います。

愛犬の死という現実に直面して、身内が亡くなる以上にショックを受けるケースも多くあります。

愛犬を亡くされたばかりの人のペット葬に、友達等の関係の人が参列する事も多くなってきました。

そのような時は、「本当に残念です」「ご愁傷様です」といった、当たり障り無い言葉をかける事が求められます。

必要以上に言葉を付け加えない事です。

飼い主の方は悲しみの中にいますから、少しの言葉に傷ついてしまいます。

言葉以上に効果を発揮する方法として、相手の話をただ頷いて聞いてあげる事です。

相槌を入れるだけでいいのです。

▶︎犬の最期の様子や症状は吠えるのか?呼吸や痙攣等はおこるのか?

言葉よりも大切な事

相手もそれ以上は求めませんし、話す事によって気持ちが楽になる可能性もあります。

ペット葬には、香典を持参するという人は少ないものです。

逆に香典でお金を包む行為によって、余計に悲しみが深くなってしまう可能性があります。

葬儀に行く場合は、切り花を持って行く程度で大丈夫です。

花屋さんに行き「ペット葬用の花をください」と言えば、需要が多くなっている現在ですから、素敵なお花を準備してくれます。

愛犬を亡くされた人に負担とならないような配慮が必要です。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ