雑種の猫の寿命は血統書の猫よりも長いのか?

スポンサーリンク

近年、家族の一員として猫を飼う方が増えていると思います。

犬よりも猫のほうが飼いやすいという背景もあるようです。

家族同様に愛情を注ぎ末永く傍にと強く願っていることでしょう。

そんな中、昔も今もペットを購入する際に、飼い主がとても重要視する項目が「血統書」

これらがきちんとあることが、前提で購入を検討する人も少なくありません。

恐らく「血統書」があることで満足するものがあるのでしょう。

しかし、そんな「血統書」付きの猫は寿命が短いなどとの噂があります。

せっかくの「血統書」の猫を購入しても寿命が短いなんてことが有ったら、さぞかしショックなことでしょう。

はたして、それらの噂は本当なのでしょうか?

cat

血統書の猫の寿命は本当に短いのか?

では、雑種の猫と比べて、「血統書」の猫は本当に寿命が短いのでしょうか?

その応えは「本当」です。

しかし、生物には個体差もありますし、長生きする「血統書」の猫も居るかと思いますが、平均的には低いとのデータが存在するようです。

では、なぜその様なことになってしまうのでしょうか?それは「生まれつき体が弱い」と言う可能性があるからです。

基本的に親や兄弟といった血が濃い掛け合わせは禁止になっていますが、利益優先なブリーダーは禁止な行為を行って子供を生ませて販売しているのです。

そうして生まれてくる猫は生まれつき体が弱く、血が濃い理由で先天性の病気がある場合があります。

反面、雑種の猫の場合は外で厳しい環境で生きているために丈夫な体が多いと言われています。

スポンサーリンク

▶︎猫の最期の様子は痙攣が起る!呼吸は苦しそうにするのか?

長生き猫を求めるなら雑種がおすすめ

大事な家族には長生きしてもらいたいですね。

購入する際に気をつけるべき点は、「血統書にこだわらない」事が大事かもしれません。

ブリーダーによっては、ルールを守りきちんと掛け合わせている健全な「血統書」もいるでしょうが、判断材料が難しい世界とも言えるのが現状です。

長生きしやすい猫を希望する場合は、「雑種」が無難かもしれません。

特に和猫は体が丈夫と言われて居たりもしますし、オスよりもメスが長生きすることがデータでも分かっています。

これらを参考にして猫の購入をしてみてください。

▶︎猫の目やには病気が原因?黄色・白・茶色で何か違うのか?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ