犬の平均寿命ランキング!ギネスに載る程長い寿命は何歳?

犬を飼うのであれば、
その犬がどれくらいの寿命なのかを
知ることは大切です。

愛犬が亡くなってしまうことは
とても悲しいことですが、
事前にどれくらいの寿命なのかを知っておけば、
心の準備をしておくことができます。

それぞれの犬の種類ごとに平均寿命は計算されており、
それをランキングで
分かりやすく発表しているページが
インターネットにはあります。

 

スポンサーリンク

 

犬の平均寿命について

基本的に平均寿命というのは
気候や食事の内容、
病気の有無によって大きく変わります。

しかし大体の犬に関しては
それぞれの平均寿命程度まで
生きることが多いと考えればいいでしょう。

 

柴犬

 

たとえば、
秋田県であれば8歳、
ゴールデンレトリバーであれば9歳、
コリーは9歳となっています。

雑種犬については5キロ以下は14歳、
20キロ以上の場合は10歳となっています。

他にも、
シェパードは9歳、
柴犬は10歳、
トイプードルは13歳となっており、
それぞれ微妙に異なっています。

大体、
8歳から14歳の間が
平均寿命となっていることが多いです。

犬の8歳というのは人間では58歳ぐらいであり、
犬の14歳は人間だと66歳程度の年齢であると考えましょう。

 

スポンサーリンク

 

小型犬の方が長生きする!

 

基本的には大型犬よりも
小型犬の方が長生きをする傾向にあります。

また、ストレスなく、
健康的な食事内容できちんと運動をさせて育てていけば、
17歳から20歳ぐらいまで長生きをするケースがあります。

犬の15歳というのは人間にとっての74歳ぐらいであり、
犬の20歳は人間では96歳ぐらいに相当します。

これまでにギネスブックに
掲載されるほどの長生きの犬としては
オーストラリアで1939年に記録された
牧羊犬が29歳5ヶ月まで長生きしました。

これは人間にたとえれば130歳を超えるほどであり、
大長寿をしたといえます。

日本の雑種犬の中には25歳を超えた例があるようです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ