犬の寿命は?ミニチュアダックスフンド・とトイプードルで寿命は違うのか?

可愛らしい犬として人気の高いのが

ミニチュアダックスフンド

トイプードルです。

 

たくさんの犬種が存在していますが、

その中でもミニチュアダックスフンドの

平均寿命はとても長いです。

 

スポンサーリンク

 

ダックスフンドとトイプードルの寿命について

 

大体14歳から

17歳ぐらいまでが平均寿命となっており、

他の小型犬と比べても寿命は長い方です。

 

きちんと普段の生活習慣に気を使ってあげて、

健康的な生活を送らせるようにすれば

もっと長生きするでしょう。

 

適度に運動をさせることと、

食事の栄養バランスをきちんと

考えることが大切です。

 

体を清潔な状態に保たせてあげて、

特に耳のケアを行うことが大事です。

 

ダックスフント

 

トイプードルも

比較的長生きしやすいタイプの

犬種となっています。

 

15歳を超えたとしても

元気に生きていることが多いです。

 

ミニチュアダックスフンドと

トイプードルのどちらの方が

長生きするのかを一概に

決めつけることはできません。

 

何故ならば寿命というのは

個人差や生活環境に

大きく左右されるものだからです。

 

日本人がいくら長生きをするといっても、

60歳で亡くなる方もいれば、

90歳を超えても

元気な方がいるのと同じです。

 

去勢手術や

避妊手術をした方が

平均寿命は長くなりやすいとされています。

 

他にも、色々な要素が寿命と深く関わっています。

 

スポンサーリンク

 

7歳くらいから老化がはじまる?

 

若い頃に元気だったとしても、

7歳を超えるあたりから

徐々に老化が進行していき、

色々な病気にかかってしまうことがあります。

 

元気だと思っていたから

動物病院にあまり連れて行かなかった結果、

重大な病気を

見逃してしまったというケースもあります。

 

犬をできるだけ

長生きさせてあげたいならば、

色々なことに気を使うべきでしょう。

 

健康診断をきちんと受けさせるようにして、

愛犬がいつまでも

元気で楽しく生きていられるようにしましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ