室内飼いの猫の平均寿命はどれ位?外で飼うよりも長生きするのか?

スポンサーリンク

近年ペットを家族のように迎え入れる方が増えています。

そのペットにより、1人暮らしの寂しさや、家族を円満にさせてくれていたりと、ペットの存在は凄まじく大きなものです。

犬の犬種も近年の住宅事情を踏まえて、室内向けの小型犬が増えたりもして居るので、さらに飼いやすくなりました。

しかし、犬よりも猫のほうが1人暮らしには飼いやすいという意ことも有り、猫を選択する方も増えています。

噂では猫を室内で飼うと、猫の寿命が延びると言われています。

果たして本当なのでしょうか?

cat

猫の寿命はどのくらい?

昔で言うと、猫の寿命というのは約10年くらいだと思います。

10年生きた猫は長生き猫と呼ばれるくらいの時代でした。

しかし、今では室内で飼う場合に限っては、猫の寿命は延びています。

15年くらいは生きたりするのです。

長生きだとさらに生きてくれたりもします。

スポンサーリンク

▶︎猫が甲状腺機能亢進症!寿命はどれ位?症状や治療法について

寿命が延びた要因とは何なのか?

では、どうして猫の寿命が延びたのでしょうか?

その理由の1つには、室内で飼われているという環境があります。

余計な雑菌を貰ってくることも無いので、そういった意味では室内で守られているものが大きいと思います。

次に、キャットフードなどの質の向上です。

寿命が延びた理由はこの二つが大きいとされています。

その証拠に、猫の寿命が延びたのは室内のみで飼われている猫に限ります

野良猫など、外に出入りできる猫の平均寿命は昔と変わらずに延びてはいません。

外の猫は様々な病気になりえる菌を貰ってしまします。

その他に、外の猫は猫同士での喧嘩が絶えなかったりします。

するとそういう場面で怪我を負いやすい環境でもあります。

以上の事から環境の違いで寿命が違っていると判断できます。

しかし、室内で飼っていても外に自由に出入りできる環境の場合は、様々なリスクがついてしまいますので、注意が必要です。

猫の性質上、部屋で伸び伸びと過ごさせていたほうが猫にとっては優しいのかもしれません。

▶︎チンチラの平均寿命は?猫の中でも長い方なのか?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ