老犬の夜泣き対策に薬!?夜鳴きの原因は咳!?

老犬になって、
夜泣きのように鳴く・
吠えるという悩みを抱えている人が
多い状態にあります。

元気な状態の犬とは違い、
遠吠えを繰り返すような場合もあるようです。

夜泣きの吠え方には個人差があるので
一概には言えません。

しかし、
夜泣きの原因は咳ではないようです。

スポンサーリンク

 

老犬の夜泣きの原因について

普段からの鳴き方に注意して見る事で、
気が付く事もあります。

老犬 夜泣き 原因

老犬特有の夜泣きには、
体調的な原因が考えられます。

身体が思うように動かない事や、
寂しさを感じる時等で吠え方には違いが出てきます。

「老犬特有の夜泣き」には、
脳や神経からの精神的な疾患からという原因
あげられています。

精神疾患は現代の人間にも
非常に増加している病気のひとつですが、
動物にも精神疾患があります。

自宅で老犬の介護をしている場合は、
やはり獣医に相談する事が重要になります。

夜泣きの原因が精神的な面から来ると診断された場合は、
薬が処方される事があるようです。

精神安定剤的な薬になるようですが、
市販されていませんので、
必ず受診する必要があります。

痴呆が原因で夜泣きをするという場合も考えられます。

犬も長生きすると、
やはり痴呆になってしまう事が考えられます。

スポンサーリンク

 

犬も痴呆で夜泣きする!?

薬を飲ませる事に対して
非常に抵抗を感じるという人もありますが、
泣き続ける事で体力を更に消耗させてしまう危険も出てきます。

出来る限り身体を休ませる事が大切です。

また、
関節が痛い等の症状がある場合も
鳴く事があります。

痛い場合は本人しか分からない事ですから、
原因をハッキリさせる事がポイントになります。

痛くて眠れない状態を放置する事で、
介護をする飼い主への精神的・
肉体的負担に繋がってしまうので、
お互いがベストな状態で介護していく事が大切です。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ