犬や猫の健康診断の費用はどの位?診察内容はどんな項目があるのか?

スポンサーリンク

犬や猫にも健康診断があるって知ってましたか?

「ええ!? 犬や猫の健康診断? 自分だって面倒で受けてないのに!」という飼い主さんもいるかもしれませんが、人間なら具合が悪くなると自分で病院に行けますが、犬や猫はそういうわけにもいきません。

定期的な健康診断は、大きな病気の早期発見早期治療につながります。

dog

犬や猫の健康診断。どれくらいの頻度で何の検査を受ければいいの?

犬や猫の健康診断では、成犬・成猫のころは年1回、シニアになると半年に1回を目安に受けるといいと思われます。

1歳未満の子犬・子猫時代は、ワクチン接種など何かと病院のお世話になることが多いと思うので、ついでに受けてしまうのが手っ取り早いと思います。

何歳からシニアになるかは犬種・猫種にもよりますが、どれだけ遅くても7歳以上はシニア扱いになります。

7歳だとまだまだ元気な子が多いと思いますが、すでにシニアであると思っておきましょう。

犬猫の健康診断の項目は任意で選ぶことになるのがほとんどです。主な検査項目は以下になります。

・身体検査(問診、基礎計測を含む)

・血液検査

・尿糞便検査

・レントゲン検査

・超音波検査

・心電図検査

・眼科検診

・歯科検診

細かい違いはあるかもしれませんが、犬も猫もだいたいこの項目が一般的になるでしょう。

スポンサーリンク

▶︎動物医療保険はペットには本当に必要なのか?

犬や猫の健康診断、値段はいくら?

さて、値段が気になるところですが、すべての検査項目を受けると3万円以上かかってしまうこともあります。

頻繁に受けるにはちょっと大きい数字ですよね。

でも安心してください。この中で基本的に受けなければならないのは、身体検査、血液検査、尿糞便検査の3項目です。

この3項目はセットになっていて、3つあわせて5000円程度で受けられることが多いです。

まずはこの3項目を受けてみて、異常が見られたらさらに詳しい検査を行うのが現実的でしょう。

動物病院によっては、「ドッグドック・キャットドック」といって、いわゆる人間ドックのような精密検査をおこなってくれる機関もあるようです。

費用は機関によって様々ですが、15000円~20000円程度が相場です。

▶︎動物医療センター(日本・大阪・埼玉・横浜)の口コミや評判について!


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ