動物医療保険はペットには本当に必要なのか?

ペットが家族と同じか

それ以上の存在になってきた今日、

ペットのための

医療保険に加入する人も

少しずつ増えてきました。

 

ペットショップで

加入を勧められることも

少なくないようです。

 

動物の医療費が高いことはよく知られています。

 

レントゲンや血液検査をしてもらうと、

すぐに万単位になってしまいます。

 

高額の医療費に肝を冷やした

飼い主は少なくありません。

 

知人のそうした話から、

ペットショップで

勧められるままに

加入を決めることもあるようです。

 

スポンサーリンク

 

動物医療保険の現状

 

保険は安心を買うものと

割り切っている場合には問題は生じません。

 

しかし、

ペット保険は

大手で提供しているところが少なく、

少額短期保険は

資本力が乏しいために

運営面で万全と言い難いのが実情です。

 

Veterinarian doing injection at a rabbit

 

高額な治療代金は

新年度から補償が無くなるという話は

利用者の間でしばしば問題視されています。

 

慢性疾患になりやすい

純血種やシニア期の

ペットを飼っている人たちからは、

どんどん補償内容が

削られていくという不満の声も上がっています。

 

問題をより深刻にしているのは、

補償内容が

見直される際に理由が

開示されないことです。

 

自社の規定とのみ繰り返される

電話応対に不審の念を

抱く人も少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

 

ペット保険のお陰で

ペットが大きな病気や怪我をした時に

助かったという人も大勢います。

 

受診をためらわずに済んだという声も聞きます。

 

自分のペットが

病気をしやすいタイプかどうか?

 

保険を使うタイミングか?

 

そうしたことを十分に考えて使う必要が、

現行のペット保険ではあるようです。

 

掛け金の安さだけで

選ぶと失敗するということは

よく言われます。

 

人間の医療保険とは

違うところが多いので、

慎重に検討してから加入は決めましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ