ペット(犬・猫)自宅供養ではなく寺・神社や霊園にすべきか?

ペットの火葬が済んだ後、

お骨をどのように扱うかについては、

人間の場合のような

一定の流れというものはありません。

 

転勤を繰り返している人ならば、

ペット霊園の納骨堂や

墓地に納骨するのも良いでしょう。

 

今では葬儀場がペット霊園を

併設しているところも少なくありません。

 

生前のペットが喜んでくれそうな場所で

お骨を安心して

預けられるところかということを

十分に考慮して決めると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ペットのお骨の扱い方

 

多くの飼い主はお骨を一旦自宅に持ち帰り、

49日や一周忌、

ペットの誕生日といった節目に、

霊園に預けて埋葬してもらうなり、

自宅の庭に埋葬するなりしているようです。

 

dog4

都市部のマンションに住んでいる人でも、

最近は粉骨してもらって

プランターの土に埋めて

毎日のお花の手入れの時に

話しかけているというケースもあります。

 

自宅に庭がある人はお骨を庭に埋葬して

そこに樹を植えて

世話をしながら話しかけるということも

少なくないようです。

 

スポンサーリンク

 

持ち家でも、

売る可能性がある場合や

二世帯住宅で同居家族に庭への

埋葬に消極的な人がいる場合には、

霊園や葬儀場附属の寺院に

納骨するケースもあります。

 

納骨した後でも、

みんなが集まる日に

お里帰りとしてお骨を

一旦持ち帰る人もいるようです。

 

ペットが生前多頭飼いの環境で

生活していた場合には、

寂しくないようにと

合同供養を望む人もいます。

 

ペットのお骨の扱い方には

人間の場合のような

一定の流れが決まっていません。

 

生前のペットの様子を考慮し、

飼い主の住環境等も考え併せ、

家族が最も納得できる形で

供養してあげることが大切です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ