ペット(犬・猫)の供養の仕方!メッセージや線香・花等について!

ペットを供養するさまざまな場面で

ペットへのメッセージを

送ることが近年増えています。

 

ペットのお葬式が広く

行われるようになりだした当初は、

お葬式の流れの中で

飼い主から

ペットへの感謝の想いを表すものとして

メッセージが寄せられていたようです。

 

スポンサーリンク

 

ペット供養におけるメッセージ

 

長年愛情を

自分に注いでくれたことへの感謝、

最期まで頑張ってくれたことへの感謝。

 

そうした想いを表す手段として

葬儀社では葬儀の前に

飼い主にメッセージカードを渡し、

飼い主がそのカードに

想いを手書きするという形で

ペットへのメッセージは始まったようです。

 

dog2

 

こうした形に加え、

今日ではペット霊園におさめるプレートや

ペット用の位牌にも

メッセージ付きの物が

見られるようになりました。

 

プレートや位牌に入れるメッセージは

25~30字程度の長さがほとんどです。

 

亡くしたペットへの変わらぬ愛情や

ペットへの感謝の念を簡潔に表現した

メッセージが多いようです。

メッセージ付きのプレートや位牌は、

ペットの写真を入れている物が大半です。

 

スポンサーリンク

 

合同慰霊祭でのメッセージ

また葬儀の際だけでなく、

合同慰霊祭で亡くしたペットへの

メッセージを受け付ける場合もあります。

 

合同慰霊祭では住職が読経する際に

ペットの名前を呼びます。

 

名前を呼ばれたペットの飼い主が

お花やペットの好きだった

フードをお供えします。

 

メッセージカードは

その折に一緒に供え、

その後焼香するという流れのところが

多いようです。

 

供えられた花やフード、

メッセージ等は、

ペットを火葬した火葬炉から

送られるそうです。
ペットロスが日本でも問題になってから、

ペットを亡くした

飼い主の悲しみを少しでも和らげようと、

ペットへのメッセージを

受け付けるところが多くなったようです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ