老犬介護の悩みについて

老犬介護の悩みについて調べてみました。

一番多い悩みとして認識したのは
「老犬介護用品」でした。

犬も高齢になると人間と同じように、
身体全てが衰えてきます。

そのような状況で、
ペットの介護用品の選び方が
分からないという意見が注目されています。

スポンサーリンク

 

愛犬の悪い所をしっかりと把握する

実際に犬は人間のように
具合の悪い所を言葉で説明する事が出来ません。

その為、
まずはどこが調子悪いのかという状態を
知る事から始めていきます。

オールド・ドッグ

相談先としてあげられるのは、
獣医さん・ペット介護士さん・
ペット用介護用品販売店などがあります。

もちろん介護用品を購入、
またはレンタルする事を前提に、
犬を病院で検査してもらう事が重要です。

その診断結果を把握すると、
今必要な介護用品が分かってきます。

次に多かった悩みは、
食事と排泄の問題です。
歳をとると食欲も落ちてきます。

今までは良く食べていたのに…
と心配になる事もありますが、
自然現象ですから仕方のない事です。

その為の補助を介護で補えば良いのです。

食べる事だけではなく排泄に関しても、
ペットシーツ等の決まった場所までの移動が難しくなります。

 
スポンサーリンク

 

食事の他に排泄も…

今まで出来ていた行動が、
徐々に出来なくなっていく事で、
24時間介護・見守りが必要になってくるのです。

介助が必要な場合も、
24時間看てあげる事が求められてきます。

介護をする側の悩みは、
やはり自由な時間が取れないという事です。

人間の介護は周りを巻き込んでしなければ、
自分自身がダメになってしまうのも事実です。

しかしペットの老犬となると、
主人が全てを背負う事になります。

中には可愛らしく素敵な悩みもありました。

老犬への愛情いっぱいの介護食を
手作りしている人が多い事実です。

毎日同じようにならない為に、
野菜等を中心としてメニューを考えていらっしゃいます。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ