猫の介護トイレはオムツ!?食事や介護服について

猫の介護用品は、
犬の介護用品程の種類が
無い状態です。

基本的に猫は介護される事を
嫌がるという状態があり、
あまり需要が無いのも事実です。

ホームセンター等では
猫用トイレも種類があります。

大半が砂等を入れる
消臭タイプのトイレが目立ちますね。

スポンサーリンク

 

猫の介護について

猫の排泄物は、
臭いがキツイ事でも知られています。

cat

トレイに出来る状態の猫であれば、
連れて行く方法があげられますが、
猫も寝たきりになる事があります。

寝たきりになった場合、
猫用のペットシーツを
寝床に敷いてあげる人が多くいます。

市販のペットシーツを利用する場合は、
小さめのシートを何枚か重ね合わせて、
汚れた部分のみ取り換えると経済的です。

新聞紙等を利用している人もあります。

最近では、
何度も洗って繰り返し使える
ペットシーツという商品も出ています。

ネコ用は「スーパーエコシーツ」
を利用している人もあり、
業務用の商品として販売されていますが
一般の人でも購入する事が出来ます。

介護は金銭的にも
大きな負担となってしまう事が多いですから、
経済的な商品を選択する人が
増加傾向にあります。

スポンサーリンク

猫はオムツを嫌がる

猫も老衰によって
動けなくなってきた時は、
猫用の紙オムツを使う事がありますが、
犬よりも着用率が低い状態にあります。

とにかく嫌がる・外してしまうという状態です。

ネコ用のオムツは小さいので、
人間が取り付けするのも
少し難しいのが現状です。

抵抗されると更に出来なくなってしまいます。

猫に服を着せている状態も目にします。

介護が必要になった猫には、
服ではなく毛布などをかけてあげる等の
方法を取っている場合が目立ちます。

汚れたら直ぐに洗えるという事もあり、
猫を動かさないで
清潔面を保つという意識が高いようです。

バスタオルを利用しても良いと思います。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ