猫の介護用品について

猫の介護に役立つ介護用品をご紹介します。

ペットとして猫を
飼っている人も多いものですが、
歳をとると自力で
今までしていた事が出来なくなってしまいます。

スポンサーリンク

 

猫の介護用品について

・介護している猫が動物病院等で処方された薬を飲んでくれない場合。
錠剤の薬を処方される場合が多く、
中々飲ませるのには苦労している人も多いと思います。

片手で頭を持ち、
片手で猫の口を開き、
喉の奥に薬を落とす方法を実践している人もありますが、
上手くいく可能性は半分程度です。

最終的に猫が飲み込まなくては意味がありません。

そのような場合には、
介護用で市販の「投薬器」や、
「クラッシャー」「家庭用フードプロセッサー」等を
利用して粉にして餌に混ぜて食べさせる方法もあります。

・エリザベスカラー着用時の食事の介護の場合。
動物病院等で怪我や病気で手術をした場合、
大半は傷口を保護する目的で
エリザベスカラーと言われるアイテムを付けて生活します。

実際に着用している姿は、
水を飲むだけでも不便そうに見えます。

最近の介護用エリザベスカラーには、
柔らかいタイプもあり、
水を飲んだり餌を食べたりする時に
あまり邪魔にならないタイプがあります。

このアイテムは実用的な商品でもありますが、
実際にはとても大きなストレスになってしまう可能性があります。
少し高い位置に餌鉢を置くなどして、
工夫してみましょう。

スポンサーリンク

 

・介護用オムツとペットシーツの場合。
猫用の介護用オムツも市販されています。
近年は昔のように子供にも動物にも、
布製のオムツを使う傾向があるようです。

繰り返し洗って使えるという点では、
エコでもあると思います。

介護用のオムツは
嫌がって外してしまうケースが目立ちます。

その為に大きめのペットシーツや
新聞紙等を敷いて対応している人も目立ちます。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ