犬が高齢になり手術をする際の危険性や介護について

人間でも犬でも
手術をするということは
危険性が少なからず存在します。

 

スポンサーリンク

 

老犬の手術の危険性について

 

特に年を取った老犬の場合には
手術にはリスクがあることを理解しましょう。

 

closeup pug dog having a check-up in his ear by a veterinarian

 

もちろん、
老犬が手術をすると
必ず危険な状態になってしまうわけではありません。

あくまでも確率的なものであるため、
大丈夫な犬はまったく問題ないのです。

どうして危険性が高いとされているのかといえば、
手術の際に検査では分からなかった異常が
見つかることがあるからです。

また、
手術で危険なのは麻酔であり、
それ以外の部分に関しては
安全に行われるでしょう。

きちんと経験のある獣医に
手術を任せることは大切です。

獣医選びに失敗してしまうと、
手術を任せた結果、
愛犬の命を危険にさらしてしまう。

脾臓を手術した場合には出血量が多くなり、
それにより術後の回復が遅れてしまいます。

最終的に手術を受けさせるかどうかを決めるのは飼い主です。

色々な情報を集めて、
よく考えて決めましょう。

 

スポンサーリンク

 

手術の際はメリットとデメリットも把握する事

 

手術をすることにより、
どのようなメリットがあるのかを確認して、
手術をしないことによるデメリットにも注目しましょう。

獣医から色々な話を聞いて、
じっくりと考えることをおすすめします。

最近は高齢化社会が進んでいることにより、
介護の問題が浮上していますが、
これは犬にも当てはまる問題なのです。

痴呆になってしまったり、
夜鳴きをしたり、
無反応になってしまうことがあります。

基本的に運動能力が衰えてしまうことが多いため、
犬が生活しやすい環境を整えてあげましょう。

おむつを使ったり、
床ずれを避けたり、
流動食を食べさせるなど、
人間の介護の場合と基本的には同じです。

犬に対するおもいやりを持って、
きちんとした知識を勉強した上で介護をしましょう。

そうすれば、
犬は幸せに暮らしていけます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ