柴犬の老犬介護は!?

柴犬とは、
国の天然記念物であり、
部類としては小型犬ですが、
ペットサロン等を利用する際には
中型犬扱いとなる場合があります。

雄犬の特徴は、
とても縄張り意識が強いとされています。

雌犬の特徴は、
人懐っこい育てやすい性格と言われています。

スポンサーリンク

 

柴犬の介護について

室内で飼われるケースが多いですが、
室内犬としては不向きな犬種のひとつです。

柴犬

柴犬を家族の一員として
長年飼っている人も多いものです。

特に外国人に人気が高い犬種として知られています。

歳老いた柴犬の老犬介護。

非常に難しい響きに聞こえがちですが、
人間の介護と大差ないと思います。

老衰によって食欲が減少して、
筋力も落ちる事で
寝たきりになる犬も多いのが現実です。

そのような状態を、
愛情いっぱいで手厚い介護をしている人が沢山います。

手作りの食事、
マッサージ、
排泄の世話など。

可能な限り一緒に過ごす事をしたいと
考える人が多いものです。

調べていて目に付いたのは、
老犬の介護日記としてブログを
書かれている人が多い事です。

画像がアップされていますが、
どのブログも本当に
温かい介護をされているものばかりです。

スポンサーリンク

 

柴犬にも痴呆症の病気が存在する!?

やはり高齢者や弾痕世代の人が
介護している実態です。

柴犬にも痴呆症のような病気があり、
日常生活が困難になる状態もあります。

柴犬はどちらかというと、
人の手を借りたくないタイプの犬種のようです。

その為、
飼い主であっても手を差し伸べる事を
嫌がる状態があります。

自由が利かない身体で、
力を振り絞って
噛みつく等の抵抗をする事もあります。

そのような状況でも介護する側は、
一生懸命世話をします。

医学の発展で治療が可能になり長生きできる事が、
犬にとって幸せか?と問われた場合言葉に詰まりますが、
少しでも長生きしてほしいというのが主の願いです。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ