ペット介護の資格や介護施設について

人間でも動物でも、
現在の医療は日々進歩している事で、
治療によって長生きできる時代になりました。

しかし、若い頃と同じように健康で
長生きできる訳ではありません。

人間もペットも歳を重ねていけば、
介護が必要になってきます。

そのような中で、
ペットを介護する為の資格やペット用の介護施設が、
少しずつ増えている傾向があります。

まずはペット介護の資格についてご紹介します。

 

スポンサーリンク


 

ペット介護について

「ペット介護士(看護師)」という資格を取得する事で、
動物病院・ペットショップ・
ペットシッター(老犬シッター)・
ペットホテル・老犬ホーム・
その他のペット関連施設
などで働く事ができます。

動物病院

資格取得の為の条件にあげられているのは、
高校卒業または同等の学力が必要となります。

ペット関連の職場で長く働いた経験がある場合も含みます。

通信教育で勉強する手段と、
専門の学校(または講座)で勉強する方法があります。
後に試験会場で受験するという流れになります。

ヒューマンアカデミーの講座受講が
人気となっている傾向があります。

動物介護士の通信講座を受講して取得できるのは、
「小動物介護士・小動物看護師・ドッグシッター」
の3つの資格です。

次にペットの介護施設のご紹介です。

 

スポンサーリンク

 

ペットの介護施設について

最近では、増加しているペット専用の介護付き施設。

ペットも長生きすると介護が必要になってくる状態にあります。

旅行等で長期ペットホテルを
利用される人も多いものですが、
老犬の為の介護施設が注目されるようになりました。

施設では、24時間・獣医師・
介護士常駐し食事
体調管理をしてくれるという対応が特徴で、
イオングループが参入して、
注目をあびています。

ペット介護施設でも、
人間同様に完全介護の状態にあるといえます。

自宅で世話をする事が難しくなり、
処分という方法より介護施設を利用する人が
多くなった状況があります。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ