ペット介護の疲れについて

ペットの介護に悲鳴をあげている
書き込みを目にする事が多くなってきました。

人間もペットも医療の発展で、
とても長生きできるようになった現代では、
老老介護のように、
高齢者が高齢になったペットを
介護するという現実です。

 

スポンサーリンク

 

ペットの介護疲れ

ペット介護は
人間よりも小さいから簡単だと思われがちですが、
実際には人間よりも難しいのが分かってきました。

まずは言葉が通じない事です。

Caro cucciolo il tuo angelo custode si prenderà cura di te

人間の認知症等の病気とは違い、
今までは噛みつく事が無かったペットでも、
精神状態が不安定になり、
少しでも触ろうとすると噛みつくというケースがあります。

ペットも自分の体が思うように動かない事で、
イライラしてしまうのでしょう。

ペット介護では、
やはり食事と排泄の問題が一番大きくなります。

食事も高齢になるにつれ、
食事量も減少してきます。

自分で食べられなくなる状態になると、
赤ちゃんの離乳食のように
ペースト状の食事を食べさせなければならない。

その食事摂取で疲れてしまう事が多いのも事実です。

排泄の問題点は、
オムツ交換になります。

もちろんペットは非常に嫌がり抵抗します。

しかしペットシーツで出来る状態ではない事から、
噛みつかれながらもオムツを着用させる状態です。

 

スポンサーリンク

 

▶︎山口達也の愛犬じゅのんの介護について

高齢者のペット介護

高齢者が飼っている・介護している状況では、
自分の身体も付いていかないので、
疲れだけが溜まっていきます。

ペットシッター等の利用もお勧めです。

しかし、人間とは違い費用の面で大きな負担となってしまう
可能性が高くなります。

金銭的に豊かな高齢者は、
ごく一部です。

保険の適応が無い為、
実費になる事が多いのも事実です。

ペット介護の現状は、
メディアでも取り上げられるほど
深刻化していると言えます。

家族の一員として過ごしてきたペットですから、
介護して最後まで面倒を見るのは
義務だという思いが強いのが現実です。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ