ペット介護グッズ!車いすのアスプラザであんしん

手足が不自由になってしまったペットを
介護する事は、
非常に困難な事になります。

スポンサーリンク

 

ペットも高齢化によって
普通に歩く事が出来なくなってしまう状態に
陥るケースも増加しています。

ペット介護に欠かせないのは、
やはり介護グッズです。

用途に合わせて購入する事も出来ますし、
グッズによってはレンタルする事も出来ます。

ここではペット介護用車いすに触れてみます。

ペット介護 アスプラザ

http://item.rakuten.co.jp/wancare/kaigo3413/より引用

 

ペット介護車いす

犬用の後脚を補助する為に
後部に2輪の大きな車輪が付けられています。

事故・病気等が原因で、
後脚が不自由な犬に使用します。

後部補助タイプは、
既製品・オーダーメイドと、
選択する事が出来ます。

完全に自力で歩く事が不可能な犬用車いすには、
胴体を乗せるタイプの四輪車いすがあります。

手足が完全に不自由な犬用になります。

ネコ用の車いすもあります。

犬同様の商品になりますが、
猫はあまり需要が無いようで
販売されている車いすは少ないのが事実です。

ペット介護用の車いすはアルミ製の商品が多く、
軽い事が特徴です。

完全に乗ってしまうタイプではない為、
重いという事はペットにとって大きな負担になってしまいます。

人間の高齢者が高齢のペットを介護する状態ですと、
軽いアイテムはありがたいものです。

 

▶︎老犬介護用品の人気商品

 

スポンサーリンク

 

ペット介護車いすの値段について

デザインも斬新で見栄えが良い車いすが多くなりました。

カラーも何種類かあり、
選択する事が可能です。

新品を購入する場合、
既製品で6万円〜10万円程になります。
(オーダーメイドは高くなります)

ペット用介護用品を取り扱うショップで
相談してみるのも方法のひとつですし、
獣医さんに相談する方法もあります。

日本国内では、
ペット用の車いすの需要が世界に比べると低いのが現状です。

一般的に知られていないのも事実です。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ