おすすめのペット保険を簡単比較!最適な保険が簡単にわかる!

人間に比べてはるかに寿命が短いペット。

別れは、嫌でもやってきます。

その別れに至るまで、できるだけの愛情を注ぎ、たくさんの思い出を作りたいものです。

健康な時も、病気や怪我をした時も、ペットは、全幅の信頼を飼い主に寄せてくれます。

→大切なペットにかかる保険料が1分で無料でわかる!

意外と多いペットの病気や怪我

Veterinarian examining a kitten

ペットは、室内で飼っているから、病気や怪我のリスクは少ないはず。

そう思っていませんか?実は、ペットの室内事故は、増えています。

ソファーからの飛び降り、フローリングで滑ることによる転倒、ペットポトルのキャップの誤飲など。

飼い主の目が届いているはずの環境でも、事故は少なからず発生しています。

また、意外と多いのが、散歩中の怪我。
怪我は、特別なことではなく、ペットの日常生活のありふれたシーンに起こりうることです。

2300人以上の飼い主を対象にしたアンケートでは、半数近くの飼い主が、ペットの怪我を経験しています。

怪我の治療、病気を疑っての受診など、動物病院を年に1回以上利用しているとする人は、飼い主全体の90%以上を占めるとの調査結果があります。

最も多いのが、2~3ヶ月に1回程度。

29.5%の飼い主は、年に4~6回動物病院を利用しているわけです。

半年に1回程度との回答は24.6%。

そして、15.5%の人は、毎月のように利用していると回答しています。

→大切なペットにかかる保険料が1分で無料でわかる!

平均的な手術診療費は15万1800円

dog

ペットを迎えるにあたり、病気の時にはきちんと治療を受けさせる環境を整えてから飼うという人も、もちろんいます。

ただし、小さな子供が、衝動的にペットを飼いたいと言う場合もあります。

ペットの医療費を貯蓄する暇もなく、ペットを自宅に迎えるケースは、多いようです。

初期費用や餌代などは、ペットを迎える際に計算に入っていることでしょう。

ただし、ペットの飼育費用の約45%は、診療費と言われています。

元気な子犬や子猫を迎え入れた当初、ペットが病気や怪我をするということが念頭になく、病院代を貯金するということまで考えが及ばないことは、少なくないようです。

ペットが怪我をしたり体調を崩したりして、慌てて動物病院に駆け込み、苦しそうなペットが安心した表情になったのを見て安堵し、動物病院の請求書を見て、ゼロの数が1つ多いのに、別の意味で青ざめたという飼い主は多いようです。

最初にペットを動物病院に連れて行った飼い主の多くは、支払いの段階になって、懐が寂しくなるのに仰天します。

動物病院は、自由診療です。

しかも、多くが個人経営であるため、治療費に限界はありません。

小型犬なら、どの犬でも注意が必要な骨折では、手術診療費の相場は16万8100円

近年、人気が高い犬種であるトイ・プードルやチワワに多い膝蓋骨脱臼では、手術診療費の相場は17万5000円

雌犬全般に注意が必要な乳腺腫瘍では、手術診療費の相場は7万2000円

室内飼いのペットなら、いつ起こっても不思議ではない異物誤飲については、手術診療費の相場は11万6000円です。

平均的な手術診療費は、15万1800円と試算されています。

しかも、ペットも高齢になるにつれ、病気が増えてきます。

10歳を超えると、犬は、白内障や心臓病が目立ちます。

がんに罹る犬も、多いことが知られています。

高齢になると、2匹に1匹は、がんに罹患する可能性があるとされています。

猫では、シニアになると、腎臓病や糖尿病が増えるとされています。

長期間治療が必要になる病気に罹患することで、医療費が押し上げられています。

→大切なペットにかかる保険料が1分で無料でわかる!

怪我と病気の両方に補償が効くペット保険

cat

人間なら自己負担の上限がある医療費。

ペットでも、窓口負担が減る、もしくは最終的に支払い金額の補償が欲しい。

そうしたニーズに応えて作られたのが、ペット保険です。

ペットの高齢化、高度医療の充実などを背景に、動物病院での支払額は、上昇を続けています。

それとともに、ペット保険の加入者は、急激に増加しています。

2011年から2014年までの4年間で、ペット保険の加入者は、1.5倍に増えています。

ペット保険大手2社が公表する保有契約件数の合計は、68万4900件です。

ペット保険の加入者が増え続けている理由の一つに、使い勝手の良さがあげられます。

ペット保険は、病気だけでなく、怪我の受診にも使えます。

人間の生命保険のように、入院や手術など、大きな費用が必要になる時に補償があるのはもちろん、ちょっとした受診でも治療費を賄ってもらうことができます。

ちなみに、治療費の相場は、通院1回につき3000円~10000円、入院1回につき3000円から12000円と言われています。

ただし、動物病院により、実際の支払額は相当に幅があります。

→大切なペットにかかる保険料が1分で無料でわかる!

たくさんのペット保険から最適な保険を選ぶには

pet

ペットの急な怪我や病気にしっかり対応するには、治療にかかる費用で安心感を得られることも大切です。

備えあれば憂いなし。

自由診療で、医療費控除の対象にならないペットの医療費こそ、しっかりとした備えをしたいものです。

そうしたニーズに応え、現在は、たくさんのペット保険があります。

保険料は、ペットの種類や大きさ、年齢、補償割合などで決まります。

保険料は、年払い、または、月払いで、ペットの年齢が上がるほど高くなるのが一般的です。

契約を結ぶにあたり、最初に把握する必要があるのが、保険料です。

保険料の試算を簡単にできるサービスがあります。

ペットの種類を選び、犬の場合は犬種と年齢を入力し、「保険料を試算する」というところにタッチするだけで、保険料が分かるとして、ペット保険への加入を検討している人の間で好評なのが、「保険スクエアbang!」です。

1分間の手間で、面倒な保険料の試算ができ、ペット仲間におすすめと評判です。

また、「保険スクエアbang!」には、おすすめのペット保険が10社紹介されています。

主要なペット保険は、網羅されていると言えます。

PS保険、アクサダイレクト、プリズムコール、いぬとねこの保険、アイペット損害保険、アニコム損害保険、ペット&ファミリー、au損害保険、ペッツベスト、もっとぎゅっと。おすすめのペット保険の内容を、「保険スクエアbang!」なら、一堂に見ることができます。

補償内容、補償限度額、補償割合に加え、どのような特約がつくのか、対応する動物病院の範囲はどうなっているのか、何歳まで加入できるのか、支払回数の制限はあるのか、申し込み日から責任開始までどのくらいかかるのか、保険金支払いまでどのくらいの日数なのかなどを、一通り見比べることができます。

「保険スクエアbang!」は、加入を本格的に検討する保険会社を、手軽に絞ることができると好評です。

 

→大切なペットの保険料を試算するにはコチラ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ