ペットロス症候群とは?犬や猫が亡くなった時に現れる症状は?

「Petloss」。

 

直訳するとペットを失うことです。

 

「ペットロス症候群」とは

ペットを失ったダメージによる精神的、

身体的不調を言います。

 

核家族化が進むにつれ、

ペットは家族の一員あるいは

それ以上の存在となってきました。

 

そうしたペットを失った時の悲しみは、

愛情をもって接してきた飼い主ならば

誰もが経験する感情体験です。

 

スポンサーリンク

 

ペットロス症候群について

 

ペットロス症候群の悲しみは、

通常の悲しみの域を超えて

飼い主だった人の

日常生活を困難にするものです。

 

ペットロス症候群は

2000年を過ぎた頃から

日本でも軽視できない問題となってきました。

 

 

ペットの死

ペットロス症候群の人には

「親が死んだ時より悲しい」

という人もたくさんいます。

 

しかし、

そうした悲しみはなかなか理解されません。

 

肉親が亡くなれば

周囲から慰めの言葉が掛けられますが、

ペットの死による喪失感や悲嘆は軽く見られがちです。

 

周囲の理解が進まず、

愛するペットを失った悲しみを

他人に話して自分の感情をきちんと

表現できないことも、

ペットロス症候群を

助長する要因になっています。

 

スポンサーリンク

 

愛するペットを失った悲しみから

終日部屋に閉じこもって

激しく落ち込むこともあります。

 

ストレスから逃避しようとして

アルコール依存症などの

問題を引き起こすこともあります。

 

ペットの死をきっかけとして、

情緒不安定、

疲労、

虚脱感、

無気力、

めまい、

胃潰瘍といった症状が

1ヶ月以上続くようなら、

ペットロス症候群の疑いがあります。

 

かかりつけ医に相談したり、

心療内科を受診することをお勧めします。

 

治療は、

感情を思う存分

表出することから始まります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ