犬のフィラリアの予防注射や薬の値段は?種類は沢山あるのか?

愛犬の健康を守るためには

きちんとワクチン接種をさせることによって、

未然に病気になるのを防ぐことが大切です。

 

犬にとって特に危険な感染症として

フィラリアは有名となっています。

 

フィラリアに関しては

とてもこわい病気なのですが、

きちんと予防接種をしておけば安心です。

 

犬のフィラリアの注射に関しては

毎年1回予防薬を注射することによって、

予防できます。

スポンサーリンク

 

フィラリアの予防薬について

 

フィラリアの予防薬に関しては

実は注射タイプのものだけではなく、

他にも色々な種類があります。

 

したがって、

必ずしも注射をしなければいけない

わけではないです。

 

ただし、

注射の場合は年に一回だけでいいのに、

他のタイプの場合は

月に一回与えなければいけないため気をつけましょう。

 

動物病院 注射

 

一度でも与え忘れてしまうと、

それによってフィラリアに

感染してしまうリスクが高くなってしまうからです。

 

錠剤タイプジャーキータイプ

スポットタイプといったものがあります。

 

錠剤を確実に飲むことができるならば、

このタイプが一番良いでしょう。

 

ジャーキータイプの場合は

腸内に存在している

寄生虫の駆虫をすることも可能です。

 

スポットタイプとは、

皮膚に滴下するタイプの薬であり、

薬を飲まないという犬にでも与えられます。

 

またスポットタイプに関しては

同時にノミの予防をすることもできます。

 

スポンサーリンク

 

フィラリアの予防注射に関しては

小型犬の場合は5000円から8000円程度となっています。

 

そのため、

あまり高い費用がかかるわけではありません。

 

値段に関しては、

飲み薬を与えるのと

トータルではあまり変わらないでしょう。

 

予防注射の場合には、

飲み忘れの心配がなく、

薬を嫌がるような犬にでも

安心して与えることができます。

 

また季節を問わずに接種してもらうことが可能です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ