犬がフィラリアの薬を飲み忘れると?いつまで飲むのか?副作用等について!

もしフィラリアの予防のために

毎月犬に薬を与えているならば、

絶対に飲み忘れがないようにしましょう。

 

飲み忘れが一度でも生じてしまうと、

フィラリアに感染してしまうリスクがあります。

 

スポンサーリンク

 

フィラリアの飲み忘れ!

一ヶ月飲み忘れたからといって、

必ずしも感染するわけではありません。

 

そもそも予防薬を飲んでいなかったとしても、

一生感染しないで済むような個体も存在するのです。

 

しかし病気のリスクが

少しでも存在しているというのは、

飼い主にとっては不安要素となってしまうでしょう。

 

きちんと毎月投与できるように意識することが大切です。

 

そうしないと、

自分の大切な愛犬を

危険な状態にさせてしまうことになります。

 

動物病院

 

フィラリアの予防薬は一ヶ月ごとに飲ませることになります。

 

フィラリアが体内に入ると、

そこで成長を始めて、

最終的には血管に侵入して、

心臓へ寄生してしまいます。

 

皮膚の中で成長をしている段階で

幼虫を駆除することができれば安心なのです。

 

確実に体内のフィラリアを

全滅させるためには

月に一度のタイミングで

薬を飲むのが良いとされています。

 

また飲み初めのタイミングは

蚊が飛ぶようになってから一ヶ月後であり、

飲み終えるタイミングとしては

蚊がいなくなってから一ヶ月後が良いとされています。

 

スポンサーリンク

 

予防薬の副作用について

予防薬に関しては副作用が気になる方が多いでしょう。

 

基本的に犬に重篤な

副作用が出ないことが確かめられているもののみ、

予防薬として使用されています。

 

したがって、

安心して愛犬に与えましょう。

 

しかしまれに薬に拒否反応を示したり、

副作用が生じてしまうことがあるかもしれないため、

その時には獣医に相談をしましょう。

 

別の方法を考えることになります。

 

犬のためを思うならば、

きちんと予防薬を与えましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ