冬の犬の適温は×××だった!愛犬を寒さから守るポイントとは?

犬は主人に仕える従順な生き物。

寒さだって暑さだって我慢しなさいといえば、耐え忍ぶ…なんて健気な生き物なんでしょう。

でも自分の飼っているワンちゃんにはそんな辛い思いはさせたくない!

そう思う飼い主さんは増えている、というかもうそれがスタンダードですよね。

凍える冬にプルプル震えているなんて可哀想!だから存分に暖かくしてあげよう!

そう思いますよね。

では、犬にとって冬の適温は何度くらいなのか調べてみました。
 

スポンサーリンク

 

愛犬の防寒についてのポイント

dog

犬には小型犬から大型犬まで色々な種類があります。

換毛期のある犬種では冬は冬毛に、夏は夏毛になるのであまり心配はいりませんが、ヨークシャテリアなどのシングルコートとよばれる犬種は毛が生え変わらないので、夏も冬も注意が必要です。

まずは、自分の愛犬の特徴をしっかり把握しておくことが大事です。

犬にとって、夏は人間と同じように熱中症になりやすいので、水分補給を充分にし、涼しいところで過ごさせてあげなければなりませんが、シングルコートの犬種でなければ、冬はそれほど気にする必要はないと言えます。

しかし、適温としては長毛犬種で15℃~20℃、短毛犬種なら20℃~25℃と言われています。

ただ、暑すぎると皮膚病になる可能性もあるのでそこは気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

 
▶︎風邪やインフルエンザは犬や猫に感染するのか?病気の対処法は?

 

愛犬を寒さから守るポイントとしては、犬の「寒いよ~」のサインを見逃さないことです。

夜間はエアコンなどの暖房を消してしまうので、意外と犬は寒い思いをしているかもしれません。

うずくまり、丸くなっていたら寒いのサインです。

犬が寒いということは同じく人間も寒いと感じているはず。

特に、寒冷地なら暖かい毛布を掛けてあげたり、湯たんぽなどおいてあげたり工夫をしてくださいね。

犬は人の温もりがが大好きです。

飼い主の布団の中にこっそり入ってみたり。可愛いですよね!

暖かいところを犬は知っているんですね。飼い主さんの匂い、暖かさに包まれて眠るのが一番幸せでしょうね。

犬と暮らす冬の生活は暖かいものであって欲しいものです。

 

▶︎犬が冬にかかりやすい病気ベスト5!原因や対処法について!


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ