吠えない犬との賃貸住宅生活を楽しみたい!吠えない犬の特徴と吠える犬の特徴

ペット可とする賃貸住宅が近年増えています。

核家族化や晩婚化の流れを受けて広がるペットとの生活。今や愛犬との生活は、家族との生活に匹敵するという人も多いようです。

一戸建てでなくても、愛犬との生活を楽しみたいと願う人が増えています。

賃貸住宅での愛犬との生活で問題になるのが、愛犬の吠え声。

ペット可とはいえ、あまりにも無駄吠えが多いと、ご近所で有名な迷惑犬となってしまいます。

ご近所から疎まれることがないようにするには、どのような犬をペットに迎え、どうしつけたら良いでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

吠えにくいことで有名な5つの犬種

dog

同じようにしつけたとしても、吠えやすい犬種はあるようです。

例えば、ダックスフンドは、吠えやすいことで有名です。

ダックスフンドは、吠えて獲物を追い込むためにつくられた狩猟犬です。

そのため、狩猟をさせなくても、吠える気質が備わっているとされています。

吠えにくいことで知られる犬種をご紹介しましょう。

1.フレンチブルドッグ。

無駄吠えが少なく、誰とでも仲良くできる犬です。

遊び好きで愛嬌があります。

マンションなどで飼うのに適した犬種です。

2.アラスカン・マラミュート。

友好的な性質の犬です。

番犬には向かないかもしれません。

体のサイズは大きいものの、成犬になっても子犬の愛らしさを保ち続ける犬です。

3.ブルドッグ。

もともとは雄牛(ブル)と闘う犬として発達してきましたが、現在では子供や他のペットとも仲良くできるように改良されています。優しい性格の持ち主です。

4.マスティフ。

のんびり屋です。

ソファやベッドで寝そべるのが大好き。

もともとはガードドッグとして発達してきたので、家庭を守ろうとしますが、めったに吠えません。

5.バセンジー。

ほとんど吠えない犬種として有名です。

吠える時には特徴的なヨーデル声を出します。

 

スポンサーリンク

▶︎犬が冬にかかりやすい病気ベスト5!原因や対処法について!
 

吠えにくい犬に育てる5つの工夫

1.ハウスは視界を遮るものを用意する。

周りが見えすぎると、犬は絶えず周囲のことが気になって落ち着けません。

落ち着けないことは、吠える原因となります。

オススメは、扉付きの箱型ハウス。

視界が遮られるので、犬は落ち着けます。

ハウスに布をかけるのも良い工夫です。ハ

ウスを暗い巣穴のようにしてやると、周りが気にならず、犬は落ち着きます。

2.散歩の時には伸縮しないリードを使う。

散歩中は、想定外のことも起こります。

飼い主の指示が伝わりやすいようにしましょう。

伸縮リードでは、とっさの対応がしにくいことが少なくありません。

リードが伸びていると、飼い主の指示が伝わりにくいためです。

伸縮しないリードを使用し、リードは短くしておきましょう。

飼い主の指示が伝わり、犬が飼い主に注意しやすくなります。

3.おもちゃは出しっぱなしにしない。

出しっぱなしにしておくと、犬は飼い主の元におもちゃを持って行き、遊びに誘おうと吠えます。

遊び終わったら、おもちゃは片付けましょう。

4.食事は犬の目の前で作らない。

犬が見ているところで食事の用意をすると、どうしても催促吠えをしてしまいます。

犬は別の部屋で待たせるようにしましょう。

5.来客が来た時に様子を見に行かせない。

チャイムが鳴るたびに玄関に犬が行くのを放置していると、犬は来客に向かって吠えることを覚えてしまいます。

玄関に行かせないようにしましょう。

来客の姿を見せないようにすると、吠えやみやすいようです。

 

▶︎犬がなりやすい小腸の病気とは?早期発見のポイントについて!


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ