冬の寒い早朝の犬の散歩は止めるべき?冬のお散歩を快適にする5つの心得!

愛犬のお散歩。気持ちよくできる季節ばかりではありません。

これからどんどん寒くなるにつれ、人間の都合ではなく、犬の様子を見て「今朝はどうしようかな?」とためらうような朝が増えます。

冬の寒い早朝にも、犬の散歩はさせて良いものでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

冬は犬の食欲が最もある季節

dog

寒い冬は、エネルギーを貯めようとして、一年のうちで最も犬の食欲がある季節だと言われています。

散歩に連れて行かないでいると、エネルギーを発散させることができず、肥満傾向になる恐れがあります。

寒くても、散歩には連れて行きましょう。

散歩に連れて行く時は、人間が抱っこするのではなく、犬が歩くようにしないと、エネルギーを発散させることはできません。

他の季節と同様、犬が自分で歩いて散歩を楽しめるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

▶︎寒い冬に猫に留守番をさせる時に気をつけたい3つのポイント!

 

冬のお散歩を快適にする5つの心得

1.寒さに慣らす。

室内で飼っている犬の場合、暖かい空気に馴染んでいますので、いきなり寒い戸外に連れ出すと、筋肉や血管系、呼吸器などに負担を掛けてしまいます。

寒さに本来強い種類の犬でも、温度差に驚いて散歩を嫌がるようになることがあります。

温度差を和らげる工夫をしましょう。

まずは、廊下や玄関といった比較的寒い場所で、犬を寒さに慣らすようにしましょう。

2.戸外に出ても急に激しい運動をさせない。

動いていれば体が温まるからと、外に出たとたん走らせる人もいますが、寒い戸外に連れ出した直後に激しい運動をさせるのは、控えましょう。

ゆっくりとしたペースから始めて、犬の調子を見ながら徐々にペースを上げることが大切です。

3.首輪やリードは蛍光色のものにする。

冬は日の出が遅く、秋までに比べると、散歩は暗い中ですることになります。

そのため、散歩中の事故も多くなります。

低いところを歩く犬は、気づかれにくく、事故に遭いやすくなります。

首輪やリードは蛍光色の目立つものにしましょう。

また、リードは短めに持ち、犬の行動がよく見えるようにしましょう。

伸縮性のリードは、犬の行動を見失いがちになるため、薄暗い冬の早朝には不向きです。

4.散歩の前後に鼻や肉球にクリームを塗ってやる。

冷たく乾燥した冬の空気にさらされると、鼻や肉球の表面がガサガサし、人間のあかぎれに似た状態になります。

アロエが含まれたクリームを塗ってやると良いでしょう。

鼻には散歩の前に、肉球には散歩後に塗ってやりましょう。

5.寒さに弱い犬には、服を着せるのも良い。

犬は基本的に寒さに強い動物ですが、小型犬や毛の短い種類は、寒さに弱いこともあります。

また、子犬や高齢犬も、気温差に弱いと言えます。

室内と室外の温度差を少なくするために、服を着せるということも考えましょう。

散歩から帰ってきたら、服は脱がせましょう。

 

▶︎風邪やインフルエンザは犬や猫に感染するのか?病気の対処法は?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ