シニア犬にはドッグフードよりも手作りの食事やご飯が良い?

犬は一般的に7歳を過ぎると

シニア期とされます。

 

大型犬はそれよりも早くシニア期に入ります。

 

シニア期に入っても

外観上はあまり変化を感じませんが、

胃腸の機能や代謝量は確実に低下してきます。

 

シニア犬の健康維持の鍵を握るのは食事です。

 

スポンサーリンク

 

シニア犬には手作りご飯を

 

たいていのドッグフードメーカーは

シニア用ドッグフードを出しています。

 

愛犬がシニア期に入ったら、

ドッグフードもシニア用に変えてあげましょう。

 

シニア期に入ると、

内臓機能や基礎代謝が

低下して食が細くなります。

 

それにも関わらず、

それまでと同じドッグフードを与えていると、

ますます食欲が落ちて体力が低下してしまいます。

 

シニア用のドッグフードに変えても

あまり食べようとしない時には、

少しふやかしてあげると良いでしょう。

 

また、飼い主が手作りのご飯を

用意してあげるのもお勧めです。

 

ご主人が作ってくれると、

食事の時間が一層楽しみになることでしょう。

 

Dog Food in Bowl

 

いきなり手作りご飯に切り替えるというのではなく、

最初はドッグフードに

茹でた野菜を混ぜて

慣れさせていくことをお勧めします。

 

ネギ類やニンニクは与えないようにしてください。

 

野菜入りに慣れたら、

肉や魚といった

良質のタンパク質を含む食材を増やしていきましょう。

 

シニア犬には低カロリー、

低脂肪が好ましいので、

肉は脂身や皮を取り除いて細かく刻んであげましょう。

 

ベーコンやハム、

かまぼこなどの加工食品、

生のタコ、

イカ、

エビ、

カニなどは与えないようにしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

手作りご飯の注意点

 

手作りのご飯は、

食べさせてはいけない食材を含まなければ、

人間が食べているメニューと

同じようなもので構いません。

 

肉や魚といった動物性食品、

野菜や果物といった植物性食品、

穀物の比率は、

動物性食品6:植物性食品3:穀物1

目安にすると良いでしょう。

 

シニア犬は、

喉の渇きを自覚しにくく

水分を摂らなくなる傾向がありますので、

お粥やおじやといった水分の多い食事にしてあげる

脱水症状の防止にもなります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ