鳴き声から猫の気持ちを紐解く!鳴き声でわかる5つの特徴!

スポンサーリンク

一見クールな猫。

しかし、鳴き声と行動で、さまざまな気持ちを、しっかりと表現しています。

鳴き声から猫の気持ちが分かるようになれば、猫との毎日が、何倍も楽しくなります。

どんな気持ちの時、どのような鳴き声や行動で表現しているのでしょうか?

neko

5つの猫の鳴き声とその特徴

【にゃ〜、にゃ〜ん】

最も定番の鳴き声。多くの場合、尻尾をゆっくりと振っています。

人間の言葉に直すと、「ねえねえ」。

猫の気持ちとしては、何かしてほしいことがあります。

そこで、飼い主の注意を引こうとしていたり、自分の望む状態が実現していないことへの不満を訴えています。

→猫風邪の治し方!くしゃみや鼻水が治らない時のとっておきの対処法

 

【ゴロゴロ、グルグル】

喉を鳴らしている音です。

目を閉じ、耳を前方に向けていることが、少なくありません。

ヒゲがピンと立っていることも、あります。

信頼している相手にとる、友好的な行動です。

小さく「ゴロゴロ」という時は、リラックスしている状態です。

大きく「ゴロゴロ」と喉を鳴らす時は、甘えています。

「構って〜」とねだっています。

 

スポンサーリンク

→猫の鳴き声が変!ガラガラと鳴く理由は?病気の可能性は?

 

【みゃ〜お、ぎにゃ〜】

猫が攻撃態勢に入っている時の鳴き声です。猫の行動によく注意しましょう。

耳を伏せて、背中の毛を逆立て、背を丸くしているはずです。

これは、猫が喧嘩をふっかけている姿勢です。

その時に、「みゃ〜お」と鳴きます。猫の気持ちとしては、「やるかぁ!」。

実際に攻撃に移った時に発するのが、「ぎにゃ〜」という声です。

相手を噛んだり、引っ掻いたりしています。放っておくと、行動がエスカレートします。

この鳴き声を聞いたら、猫は、獣であることを思い出しましょう。

ケージに入れて反省させる必要があります。

→猫の病気!お腹がパンパンに膨れるのはどんな病気が考えられる?

 

【にゃっ】

短く「にゃっ」と鳴くのは、「やあ」という挨拶。

猫同士で「にゃっ」というだけでなく、人間相手に「にゃっ」と鳴くこともあります。

猫が、短く「にゃっ」と鳴いたら、かなり親しい相手と見なしていることを表します。

ただし、撫でている時に、「にゃっ」と鳴いたら、「なに⁈うっとうしいな」ということ。

「くつろいでいるんだから、ほっといて」というのが、猫の気持ちです。

→猫が痩せるのは病気の兆候?検索はどのタイミングで受けるべき?

 

【カッカッ、カチカチ】

尻尾をまっすぐに立てて、尻尾の先をピクピク動かしながら、「カッカッ」とか「カチカチ」と音を立てていることがあります。

興味を引くものがあるのに、自分の手が届かない時、もどかしがって立てる鳴き声です。

→猫が甲状腺機能亢進症!寿命はどれ位?症状や治療法について


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ